有限会社 ファルマ・プラン
ぷらんたん薬局 〒960-8141 福島県福島市渡利字沼ノ町45 
TEL 024-523-1628 / FAX 024-523-1629 
E-mail : farumapuran@purantan.net 
printemps pharmacy
くらしとくすり 最新号
わたり店
ささや店
くらしとくすり
取扱商品情報
インフォメーション
投書箱
実習案内
採用情報
会社情報
リンク
トップページ
個人情報の取扱い
サイトマップ
TOP > くらしとくすり(.2011 11月 No106)
 
表紙
サフラン
薬用とされるのは、花の中心からまるでヘビのように細長く垂れてのびる雄しべ(花柱と柱頭)の濃紅色の部分です。婦人の血の道の薬として更年期障害、月経困難、無月経、月経過多などに用いられます。

 乾燥した季節を迎えます。
 冬は、皮膚も乾燥した状態(ドライスキン)となりやすく、手荒れ、肌荒れ、皮膚のかゆみ等を起こしやすくなります。保湿ケアが大切となります。

健康な皮膚とドライスキン

 皮膚の外側の表皮にある角層は、わずか1/50〜1/100ミリの厚さしかありませんが、しっとり潤いを保つ役割をしています。角層は角質細胞からなり、角質細胞には主にアミノ酸からなる天然保湿因子があって、水分を保っています。また、角質細胞同士をつないでいるセラミド等からなる角質細胞間脂質は、水分をため込んでいます。さらに、汗と皮脂からつくられる皮脂膜は、水分の蒸発を防いでくれています。
 ドライスキンになると角層がスカスカになり、さまざまな刺激(寒さ・暑さ)、細菌・ウイルス等の体内への侵入を受けやすくなります。
皮膚は身体の鎧(よろい)のような存在なのです。

皮膚の乾燥を防ぐのが「保湿剤」です。
 皮膚からの水分喪失を防ぐ保湿剤(皮膚の上にコーティングして、水分の蒸発を防ぐ効果)と皮膚の水分を保つ保湿剤(皮膚が水分を離さないよう、水分保持を助ける効果)に大きく2つに分けることができます。
 市販の保湿剤にはさまざまな成分が含まれていて、皮膚に合えば、市販の方が効果的な場合もあるようです。

医療機関でよく使われている保湿剤

目的 軟膏名 特徴
傷ついたジクジク肌、
ガサガサ肌の保護
白色ワセリン
(プロペト)
脂質成分。作用時間が長く、刺激が少ない(ワセリンをさらに精製したものでワセリンより刺激が少ない)
カサカサ肌の保湿 尿素含有軟膏
ウレパール・ケラチナミン・パスタロン
角質内の水分保持、角質肥暑に使用する。刺激性がある。
ヒルドイド 刺激性が弱く、保湿力が高い

 保湿剤は皮膚が水分を吸収している入浴後やシャワー後、できれば5分以内に塗ると効果的です。また、塗る前に皮膚を水や化粧水で軽く湿らせておくのもよいでしょう。
 最後に、皮膚の真皮を支えているのがコラーゲンです。皮膚の張りに関係しています。皮膚を家に例えると、真皮は土台のようなものです。コラーゲンが不足すると、しわの原因になります。コラーゲンはたんぱく質なので、生きる基本であるバランスのよい食事が大切です。

 

 ぎんなんはイチョウの木の果実の呼び名です。イチョウの木は中国原産で、古生代から今日まで生き残っている「生きた化石」と表現されています。イチョウの木は欧米にはなく、中国、台湾と日本にしか見られません。日本には中国から仏教と共に朝鮮半島を経て渡来し、神社、仏閣などに多く植えられました。
 漢方ではせき止めや、夜尿症・頻尿の改善に使われていて、滋養強壮にも効果があるなど様々な薬効がある一方で、ぎんなんにはビタミンB6の作用を妨げる物質が含まれていて、食べ過ぎると痩撃などの中毒が起こることがあります。子供は1日4-5粒、大人でもせいぜい10粒程度にするのがよいといった報告があります。食べ過ぎないようにしましょう。
 黄色く熟して落ちている果実を集める時は、素手で触るとかぶれることがあるため、コム手袋などを用いましょう。ボウルに水をたっぷり入れて、中にぎんなんを沈め、水中で果肉を取ります。こうすると、悪臭も漂わず、きれいに果肉が取れます。
 ぎんなんの硬い殻は、専用のぎんなん割りがあるとパチンと簡単に割れます。ない場合はペンチか包丁の背を利用します。また、電子レンジでの簡単調理方法として、紙の封筒に殻付きのぎんなんを入れ、封筒の口を折り畳んで電子レンジにかけます。殻がパンパンと弾ける音がしたらレンジを止めます。時間がない時などはこの方法でもよいでしょう。

 
▲TOP
2011.9月 No.105 2011.9月 No105詳細へ
葛(クズ)/秋の花粉症/柿  
線
2011.7月 No.104 2011.7月 No104詳細へ
ウコン/あせも(汗疹)/とうもろこし  
線
2011.5月 No.103 2011.5月 No103詳細へ
ひなげし/不眠症/らっきょう  
線
2011.3月 No.102 2011.3月 No102詳細へ
木蓮/花粉症/ジャガイモ  
線
2011.1月 No.101 2011.1月 No101詳細へ
蝋梅/便秘/タコ  
線
2010.11月 No.100 2010.11月 No100詳細へ
ツワブキ/糖尿病/ラー油  
線
2010.9月 No.99 2010.9月 No98詳細へ
ドクダミ/糖尿病/イワシ  
線
2010.7月 No.98 2010.7月 No98詳細へ
ジギタリス/喫煙/モロヘイヤ  
線
2010.5月 No.97 2010.5月 No97詳細へ
クレソン/脱水/スナップエンドウ  
線
2010.3月 No.96 2010.3月 No96詳細へ
たけのこ/逆流性食道炎/アスパラガス  
線
2010.1月 No.95 2010.1月 No95詳細へ
クワイ/肩こり/ユズ  
線
2009.12月 No.94 2010.12月 No94詳細へ
リンゴ/高血圧/大根  
線
2009.9月 No.93 2009.9月 No93詳細へ
ザクロ/肺炎/くるみ  
線
2009.7月 No.92 2009.7月 No92詳細へ
ゲンノショウコ/痛風/プラム  
線
2009.5月 No.91 2009.5月 No91詳細へ
ソラマメ/酸素/豆乳  
2009.3月 No.90 2008.11月 No89詳細へ
ハハコグサ(キク科)/めまい/春キャベツ  
2008.11月 No.89 2008.11月 No89詳細へ
沈丁花(ジンチョウゲ)/噛むことでいきいき生活/ゴボウ  
2008.11月 No.88 2008.11月 No88詳細へ
サザンカ(ツバキ科)/感染性胃腸炎(ノロウイルス)/リンゴ  
2008.9月 No.87 2008.9月 No87詳細へ
桔梗(キキョウ) / 骨粗鬆症 / ピーマン  
2008.7月 No.86 2008.7月 No86詳細へ
トマト(ナス科) / 中耳炎 / シシトウガラシ  
2008.5月 No.85 2008.5月 No85詳細へ
こごみ / メタボリックシンドローム / アボガド  
2008.3月 No.84 2008.3月 No84詳細へ
イチゴ(バラ科) / 排尿のトラブル / 雑穀  
2008.1月 No.83 2008.1月 No83詳細へ
シクラメン / 鉄欠乏性貧血 / ホウレンソウ  
2007.11月 No.82 2007.11月 No.82詳細へ
クルミ(クルミ科) / じんま疹(蕁麻疹) / やまいも  
2007.9月 No.81 2007.9月 No81詳細へ
イチジク / 突発性難聴 / みょうが  
 
(c) Pharma Plan Co.,LTD. All Rights Reserved.