有限会社 ファルマ・プラン
ぷらんたん薬局 〒960-8141 福島県福島市渡利字沼ノ町45 
TEL 024-523-1628 / FAX 024-523-1629 
E-mail : farumapuran@purantan.net 
printemps pharmacy
くらしとくすり 最新号
わたり店
ささや店
くらしとくすり
取扱商品情報
インフォメーション
投書箱
実習案内
採用情報
会社情報
リンク
トップページ
個人情報の取扱い
サイトマップ
TOP > くらしとくすり(.2014 5月 No121)
 
表紙

ハトムギ
 漢方では、ヨクイニンといい、リウマチなど関節の痛みやむくみの治療に用いられます。ハトムギ粥は、イボ、シミ、ニキビにいい美容食です。

 

 日焼け止めクリームには、肌に刺激の強い紫外線吸収剤を使った製品と、比較的肌に負担が少ない紫外線散乱剤を使った製品があります。また、ほとんどの製品に入っている様々な添加物には、発ガン性、過敏症、アレルギーをひきおこすものや環境ホルモン様のものなど、安全性に問題があるものもあり、皮膚へのダメージが懸念されます。

 紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し、熱エネルギーに変えて放出する反応を利用していますが、皮膚への刺激が強くかぶれやアレルギーをひきおこすことがあります。紫外線吸収剤は、ファンデーションやその他の化粧品によく配合されるので、日焼け止めクリームをぬるとさらに多くの量を使うことになってしまいます。成分名としては、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、オキシベンゾン、パラアミノ安息香酸エステルなど。SPF(日焼け防止指数)が高いクリームに含まれています。

 紫外線散乱剤は、紫外線をはね返す成分が使われているので肌への刺激はより少なくてすみます。成分名としては、酸化チタン、酸化亜鉛、タルクなどです。光線過敏症やアレルギーがある敏感肌の人は紫外線散乱剤の製品がいいでしょう。

 添加物としては、安全性に問題が指摘されている成分があります。
合成界面活性剤:(PG:プロピレングリコール、POE:ポリオキシエチレンラウリルエーテル、ラウリル硫酸塩)
酸化防止剤:(BHT:ブチルヒドロキシトルエン、BHA:ブチルヒドロキシアニソール)
殺菌防腐剤:(パラベン:パラオキシ安息香酸エステル)、タール系色素:(○色○号)

 使うときの注意
 スプレータイプの日焼け止めは、口や目に入らないように、また鼻から吸い込まないように、いったん手にとってから塗りましょう。
 お化粧せず日焼け止めクリームだけ塗った場合でも、必ずクレンジングや石けんで落とすことが必要です。
 黄色人種である日本人は皮膚にメラニンがあるので、元々紫外線には強い体質ですが、何より外出時には、帽子、サングラス、長袖、手袋、日傘などで、紫外線をさえぎることが大切です。

 北海道から九州までの山地に自生するミカン科の落葉低木で、昔は、どの家でも庭に、1〜2本は植えられていたとか。3月ごろから新芽が吹き、若葉を「木の芽」とよび、木の芽のあえ、木の芽田楽などにします。5月ごろになると、アワ粒ほどの緑黄色の花をつけます。これが花山椒。そのあとの青い実が実山椒。完熟した実を粉末にしたものが粉山椒。「サンショは小粒でピリリと辛い。」ジャパニーズペッパーとよばれる日本最古の香辛料です。
 京都の名物、「ちりめん山椒」は、青い実山椒を新物のちりめんじゃこと炊いたもの。暖かいごはんに極上のとりあわせ。会津の名物にも、「にしんの山椒漬け」があります。専用のにしん鉢に、身欠にしんと山椒の青い葉を醤油と酒に漬ける贅沢な漬物です。会津のおいしいお酒とともに肴として絶品です。
 古来、薬として用いられ、乾燥させた果皮がつかわれます。体を温める作用が強いのが特徴で、漢方薬の「大建中湯」に配合されています。「大建中湯」は、冷えのためにおきる腹痛、嘔吐、下痢、動機、腹部膨満感、便秘、腸閉塞や外科手術後の癒着を防ぐ目的でつかわれています。
 
▲TOP
2014.3月 No.120
よもぎ/アルコール飲料を科学する/いちご  
2014.1月 No.119
ヤマノイモ/和食を見直そう/レンコン  
2013.11月 No.118
アロエ/糖尿病の検査/ヤーコン  
2013.9月 No.117
ウイキョウ/むくみ/さんま  
2013.7月 No.116 2013.7月 No116詳細へ
アサガオ/リビングウィル宣言/なす  
2013.5月 No.115 2013.5月 No115詳細へ
アカヤジオウ/歯周病/グレープフルーツ  
2013.3月 No.114 2013.3月 No109詳細へ
牡丹(ぼたん)/肩コリ/玉ねぎ  
線
2012.1月 No.113 2013.1月 No113詳細へ
オウレン/ノロウイルスによる胃腸炎/かぶ  
線
2012.11月 No.112 2012.5月 No109詳細へ
クチナシ(梔子)/ふえています糖尿病性腎症/鱈  
線
2012.9月 No.111 2012.5月 No109詳細へ
エビスグサ(生薬名:ケツメイシ)/冷え性/枝豆  
線
2012.7月 No.110 2012.5月 No109詳細へ
オニユリ/中性脂肪値だけが高いと言われたら/ズッキーニ  
線
2012.5月 No.109 2012.5月 No109詳細へ
カミツレ/「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」をご存知ですか?/パセリ  
線
2012.3月 No.108 2012.3月 No108詳細へ
コブシ/前立腺肥大/アサリ  
線
2012.1月 No.107 2012.1月 No107詳細へ
梅/インフルエンザ豆知識/ユリ根  
線
2011.11月 No.106 2011.11月 No106詳細へ
サフラン/お肌の保湿ケア/ぎんなん  
線
2011.9月 No.105 2011.9月 No105詳細へ
葛(クズ)/秋の花粉症/柿  
線
2011.7月 No.104 2011.7月 No104詳細へ
ウコン/あせも(汗疹)/とうもろこし  
線
2011.5月 No.103 2011.5月 No103詳細へ
ひなげし/不眠症/らっきょう  
線
2011.3月 No.102 2011.3月 No102詳細へ
木蓮/花粉症/ジャガイモ  
線
2011.1月 No.101 2011.1月 No101詳細へ
蝋梅/便秘/タコ  
線
2010.11月 No.100 2010.11月 No100詳細へ
ツワブキ/糖尿病/ラー油  
線
2010.9月 No.99 2010.9月 No98詳細へ
ドクダミ/糖尿病/イワシ  
線
2010.7月 No.98 2010.7月 No98詳細へ
ジギタリス/喫煙/モロヘイヤ  
線
2010.5月 No.97 2010.5月 No97詳細へ
クレソン/脱水/スナップエンドウ  
線
2010.3月 No.96 2010.3月 No96詳細へ
たけのこ/逆流性食道炎/アスパラガス  
線
2010.1月 No.95 2010.1月 No95詳細へ
クワイ/肩こり/ユズ  
線
2009.12月 No.94 2010.12月 No94詳細へ
リンゴ/高血圧/大根  
線
2009.9月 No.93 2009.9月 No93詳細へ
ザクロ/肺炎/くるみ  
線
2009.7月 No.92 2009.7月 No92詳細へ
ゲンノショウコ/痛風/プラム  
線
2009.5月 No.91 2009.5月 No91詳細へ
ソラマメ/酸素/豆乳  
2009.3月 No.90 2008.11月 No89詳細へ
ハハコグサ(キク科)/めまい/春キャベツ  
2008.11月 No.89 2008.11月 No89詳細へ
沈丁花(ジンチョウゲ)/噛むことでいきいき生活/ゴボウ  
2008.11月 No.88 2008.11月 No88詳細へ
サザンカ(ツバキ科)/感染性胃腸炎(ノロウイルス)/リンゴ  
2008.9月 No.87 2008.9月 No87詳細へ
桔梗(キキョウ) / 骨粗鬆症 / ピーマン  
2008.7月 No.86 2008.7月 No86詳細へ
トマト(ナス科) / 中耳炎 / シシトウガラシ  
2008.5月 No.85 2008.5月 No85詳細へ
こごみ / メタボリックシンドローム / アボガド  
2008.3月 No.84 2008.3月 No84詳細へ
イチゴ(バラ科) / 排尿のトラブル / 雑穀  
2008.1月 No.83 2008.1月 No83詳細へ
シクラメン / 鉄欠乏性貧血 / ホウレンソウ  
2007.11月 No.82 2007.11月 No.82詳細へ
クルミ(クルミ科) / じんま疹(蕁麻疹) / やまいも  
2007.9月 No.81 2007.9月 No81詳細へ
イチジク / 突発性難聴 / みょうが  
 
(c) Pharma Plan Co.,LTD. All Rights Reserved.