有限会社 ファルマ・プラン
ぷらんたん薬局 〒960-8141 福島県福島市渡利字沼ノ町45 
TEL 024-523-1628 / FAX 024-523-1629 
E-mail : farumapuran@purantan.net 
printemps pharmacy
くらしとくすり 最新号
わたり店
ささや店
くらしとくすり
取扱商品情報
インフォメーション
投書箱
実習案内
採用情報
会社情報
リンク
トップページ
個人情報の取扱い
サイトマップ
TOP > くらしとくすり(2014 11月 No124)
 
表紙

菊花
 食用・薬用として用いられ、目の疲れや血圧を下げ、動脈硬化を予防する働きがあります。

 

ドライアイについて
 「目がしょぼしょぼする」「目がしぶい」「目に幕が張ったよう」「目が疲れやすい」などの症状はありませんか。それはドライアイからくるものかも知れません。最近は年齢にかかわらず、このような訴えの方が急増しています。

○涙の役割
 涙は、眼球の表面を潤して、角膜や結膜を保護し、栄養補給をし、細菌などの侵入を防ぐなどとても大切な働きをしています。涙は涙腺でつくられますが、目の表面に運ぶのは、まばたきによります。涙は、まばたきするごとに眼球の表面を流れ、目頭部分にある涙点をとおり鼻涙管から鼻腔へ排出されます。涙の量が減って目が乾くと、目が疲れ、不快な症状がでるだけでなく、視力低下や目の病気を招きやすくなります。

○ドライアイが増えているのは
 もともと湿度が低くなる冬の暖房や、夏の冷房で部屋が乾燥しています。テレビやスマホやコンピューターの画面を長時間みていて、まばたきの回数がへる傾向がります。画面を凝視し続けると、涙の蒸発がすすみ、涙の補給もできにくくなり、目が乾燥してしまいます。また、向精神薬など「抗コリン作用」をもつ薬で涙の分泌が減る場合もあります。また、コンタクトレンズ使用者の増加、加齢が原因の場合もあります。

○ドライアイ治療に使われる点眼薬
 目が乾燥してくると、表面の涙の幕のなめらかさが無くなりぼこぼこした状態になってしまいます。この状態を改善する目薬には、主に、ヒアルロン酸ナトリウム(ティアバランス点眼液など)、ジクアホソルナトリウム(ジクアス点眼液)、レバミピド(ムコスタUD点眼液)などがあります。眼球の表面をおおう、油層、液層、また上皮細胞層を安定させる医師の処方せんによる目薬です。一般用医薬品を続けてもすっきりしない方は、一度眼科を受診して、層別に対応した目薬などを試してみることをおすすめします。
○目を長い間使ったら
□一休みして、ゆっくりまぶたをとじてください。じんわり涙が出て、しみるような感じがあるときは意識的にまばたきをしてみましょう。また、視線を左右上下・ななめ上下・ぐるりとまわすなど眼球を動かしてみましょう。すぐ目薬をさすのでなく、自分で目の力を刺激したり、緊張をほぐすのも必要です。
□熱めのお湯に浸したタオルを軽く絞って、閉じたまぶたの上に5分くらい当ててみましょう。涙の蒸発を防ぐ油層の分泌を刺激します。

 さとうきびを煮詰めてできる黒糖は、深みのある甘みはもちろん、塩味、苦味、香ばしさも感じられます。さとうきびを圧搾機に数回かけ、搾り出した汁から不純物を取り除き、その液を何段階かにわけて加熱・濃縮し、その後、撹拌しながら空気をふくませ冷却すると黒糖はできます。
 この昔ながらの製法を守っているのは、沖縄でも八つの島だけで、大事に育てられたさとうきびが、糖分を一番蓄える12月〜4月に刈り取られ、風味豊かな味わいのある黒糖になります。
 黒糖といっても、上白糖の原料となる粗糖や、粗糖に粗密をまぜたものがあり、それらは加工黒糖といいます。
 完全に精製された上白糖に対し、黒糖は、ビタミン、ミネラルを豊富に含みます。カルシウムは白糖の240倍もあり、骨代謝に必要なリン、マグネシウムも同時に含みます。ブドウ糖をエネルギーに変えるのに必要なビタミンB1やナイアシンも含みます。また、カリウムもとても多く、余分なナトリウムを排泄する効果が期待できます。
 
▲TOP
2014.9月 No.123
ナツメ/タバコの害と禁煙方法/イチジク  
2014.7月 No.122
クコ/その痛みは、もしかして「帯状疱疹」?/西瓜(スイカ)  
2014.5月 No.121
ハトムギ/日焼け止めクリームについて/山椒(サンショウ)  
2014.3月 No.120
よもぎ/アルコール飲料を科学する/いちご  
2014.1月 No.119
ヤマノイモ/和食を見直そう/レンコン  
2013.11月 No.118
アロエ/糖尿病の検査/ヤーコン  
2013.9月 No.117
ウイキョウ/むくみ/さんま  
2013.7月 No.116 2013.7月 No116詳細へ
アサガオ/リビングウィル宣言/なす  
2013.5月 No.115 2013.5月 No115詳細へ
アカヤジオウ/歯周病/グレープフルーツ  
2013.3月 No.114 2013.3月 No109詳細へ
牡丹(ぼたん)/肩コリ/玉ねぎ  
線
2012.1月 No.113 2013.1月 No113詳細へ
オウレン/ノロウイルスによる胃腸炎/かぶ  
線
2012.11月 No.112 2012.5月 No109詳細へ
クチナシ(梔子)/ふえています糖尿病性腎症/鱈  
線
2012.9月 No.111 2012.5月 No109詳細へ
エビスグサ(生薬名:ケツメイシ)/冷え性/枝豆  
線
2012.7月 No.110 2012.5月 No109詳細へ
オニユリ/中性脂肪値だけが高いと言われたら/ズッキーニ  
線
2012.5月 No.109 2012.5月 No109詳細へ
カミツレ/「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」をご存知ですか?/パセリ  
線
2012.3月 No.108 2012.3月 No108詳細へ
コブシ/前立腺肥大/アサリ  
線
2012.1月 No.107 2012.1月 No107詳細へ
梅/インフルエンザ豆知識/ユリ根  
線
2011.11月 No.106 2011.11月 No106詳細へ
サフラン/お肌の保湿ケア/ぎんなん  
線
2011.9月 No.105 2011.9月 No105詳細へ
葛(クズ)/秋の花粉症/柿  
線
2011.7月 No.104 2011.7月 No104詳細へ
ウコン/あせも(汗疹)/とうもろこし  
線
2011.5月 No.103 2011.5月 No103詳細へ
ひなげし/不眠症/らっきょう  
線
2011.3月 No.102 2011.3月 No102詳細へ
木蓮/花粉症/ジャガイモ  
線
2011.1月 No.101 2011.1月 No101詳細へ
蝋梅/便秘/タコ  
線
2010.11月 No.100 2010.11月 No100詳細へ
ツワブキ/糖尿病/ラー油  
線
2010.9月 No.99 2010.9月 No98詳細へ
ドクダミ/糖尿病/イワシ  
線
2010.7月 No.98 2010.7月 No98詳細へ
ジギタリス/喫煙/モロヘイヤ  
線
2010.5月 No.97 2010.5月 No97詳細へ
クレソン/脱水/スナップエンドウ  
線
2010.3月 No.96 2010.3月 No96詳細へ
たけのこ/逆流性食道炎/アスパラガス  
線
2010.1月 No.95 2010.1月 No95詳細へ
クワイ/肩こり/ユズ  
線
2009.12月 No.94 2010.12月 No94詳細へ
リンゴ/高血圧/大根  
線
2009.9月 No.93 2009.9月 No93詳細へ
ザクロ/肺炎/くるみ  
線
2009.7月 No.92 2009.7月 No92詳細へ
ゲンノショウコ/痛風/プラム  
線
2009.5月 No.91 2009.5月 No91詳細へ
ソラマメ/酸素/豆乳  
2009.3月 No.90 2008.11月 No89詳細へ
ハハコグサ(キク科)/めまい/春キャベツ  
2008.11月 No.89 2008.11月 No89詳細へ
沈丁花(ジンチョウゲ)/噛むことでいきいき生活/ゴボウ  
2008.11月 No.88 2008.11月 No88詳細へ
サザンカ(ツバキ科)/感染性胃腸炎(ノロウイルス)/リンゴ  
2008.9月 No.87 2008.9月 No87詳細へ
桔梗(キキョウ) / 骨粗鬆症 / ピーマン  
2008.7月 No.86 2008.7月 No86詳細へ
トマト(ナス科) / 中耳炎 / シシトウガラシ  
2008.5月 No.85 2008.5月 No85詳細へ
こごみ / メタボリックシンドローム / アボガド  
2008.3月 No.84 2008.3月 No84詳細へ
イチゴ(バラ科) / 排尿のトラブル / 雑穀  
2008.1月 No.83 2008.1月 No83詳細へ
シクラメン / 鉄欠乏性貧血 / ホウレンソウ  
2007.11月 No.82 2007.11月 No.82詳細へ
クルミ(クルミ科) / じんま疹(蕁麻疹) / やまいも  
2007.9月 No.81 2007.9月 No81詳細へ
イチジク / 突発性難聴 / みょうが  
 
(c) Pharma Plan Co.,LTD. All Rights Reserved.