有限会社 ファルマ・プラン
ぷらんたん薬局 〒960-8141 福島県福島市渡利字沼ノ町45 
TEL 024-523-1628 / FAX 024-523-1629 
E-mail : farumapuran@purantan.net 
printemps pharmacy
くらしとくすり 最新号
わたり店
ささや店
くらしとくすり
取扱商品情報
インフォメーション
投書箱
実習案内
採用情報
会社情報
リンク
トップページ
個人情報の取扱い
サイトマップ
TOP > くらしとくすり(2015 1月 No125)
 
表紙

ナンテン(南天)
 「難を転ずる」縁起の良い木。咳止めや抗アレルギー作用のある成分が薬に利用されている。

 

〜薬剤師に遠慮なくご相談を〜
 
 「薬の数が多く、飲む時間もちがうし、どれかが残ったり足りなかったりする。」
 「昼は外食で、薬を飲み忘れ、昼ばかり残ってしまう。」ということはありませんか。
 「病院をいくつも通院していて薬がそれぞれあり、わかりにくい、まちがえそうだ。」
 困ったなと思っていてもどうしたらいいのか、そのままになっていませんか。

○のみ方の変更
 種類が多い場合や服用方法が煩雑な場合、たとえば、1日に2回の服用を、持続時間の長い1日1回の薬にして、回数を減らしたり、のむ時点をまとめたりできるか検討します。薬剤師からそれを医師に提案し検討してもらい変更が可能となることもあります。

○錠剤一包化とお薬カレンダー
 薬を服用時点ごとにまとめて袋につめる「錠剤一包化」というのがあります。これは処方せんに医師の指示が必要です。希望を薬局に伝えて下されば、薬局から医師に依頼して指示をうけ調剤します。一包化の袋に日付を書けばいっそうわかりやすくなります。お薬カレンダーにセットしておけば、一目瞭然、家族やヘルパーさんなどから服用の声かけもしてもらえます。よく眼につくところにかけておきましょう。

 一包化は、包装シートからはずして裸にしてしまい薬の区別ができなくなるので、シートのままで管理したいという方もおられます。しきりのある箱や、朝昼夕寝る前など区別できる袋や箱をつくっていれかえるなど、自分にあった確実にのめる工夫がいいですね。

○複数の医療機関から処方せんをもらっている場合
 「整形外科にいって痛みを止めをだしてもらった。内科のいつもの薬と、飲み合わせて大丈夫?」と質問されることがあります。

 薬局では、実物の薬があればもちろん、持ち合わせなくても、その薬の記録がある「お薬手帳」や「薬剤情報提供書」があれば、すぐ調べることができます。そして、のみあわせてはいけない薬、同じような役割の薬(同種同効薬)、または、名前が違っても全く同じ薬など、チェックして、処方元の医師に連絡し、変更等検討してもらい、患者様に安心してお薬を飲んでいただけるようにします。

 お薬手帳は、現在ほとんどの患者様がお持ちと思います。利用にあたっては、どの医療機関で何のくすりをもらったかわかるように、かならず一冊にまとめておきましょう。

 薬に関して様々な疑問、質問があると思います。いつでも遠慮なく薬剤師にご相談ください。

 ブリは、スズキ目アジ科に分類される海水魚の一種。北西太平洋に生息する回遊性の大型肉食魚である。日本では重要な食用魚であり、各地の文化や産業に深く関わる。旬は産卵期前で脂が乗る冬の「寒ブリ」。寒ブリは同属種のカンパチやヒラマサよりも脂肪が多く、独特の風味がある。産卵後の春には脂肪量が減少する。標準和名「ブリ」については、江戸時代の貝原益軒が「脂多き魚なり、脂の上を略する」と語っており、「アブラ」が「ブラ」へ、さらに転訛し、「ブリ」となったという説がある。
 また、大きさによって呼び名が変わる出世魚でもある。縁起が良いこともあり、西日本ではおせち料理に欠かせない食材とされ(東日本では主にサケを使用する)、福岡県では雑煮の具としても用いられている。日本各地での地方名と併せて様々な呼び方をされる。例えば、関東と関西での呼び方を比べると、
  • 関東−モジャコ(稚魚)→ワカシ(35cm以下)→イナダ(35〜60cm)→ワラサ(60〜80cm)→ブリ(80cm以上)
  • 関西−モジャコ(稚魚)→ワカナ(兵庫県瀬戸内海側)→ツバス、ヤズ(40cm以下)→ハマチ(40〜60cm)→メジロ(60〜80cm)→ブリ(80cm以上)

 80cm以上のものは関東・関西でも「ブリ」と呼ぶ。または、80cm以下でも8kg以上(関西では6kg以上)のものをブリと呼ぶ場合もある。流通過程では、大きさに関わらず養殖ものをハマチ(?)、天然ものをブリと呼んで区別する場合もある。
 
▲TOP
2014.11月 No.124
ナンテン(南天)/オリーブムース/ブリ  
2014.9月 No.123
ナツメ/タバコの害と禁煙方法/イチジク  
2014.7月 No.122
クコ/その痛みは、もしかして「帯状疱疹」?/西瓜(スイカ)  
2014.5月 No.121
ハトムギ/日焼け止めクリームについて/山椒(サンショウ)  
2014.3月 No.120
よもぎ/アルコール飲料を科学する/いちご  
2014.1月 No.119
ヤマノイモ/和食を見直そう/レンコン  
2013.11月 No.118
アロエ/糖尿病の検査/ヤーコン  
2013.9月 No.117
ウイキョウ/むくみ/さんま  
2013.7月 No.116 2013.7月 No116詳細へ
アサガオ/リビングウィル宣言/なす  
2013.5月 No.115 2013.5月 No115詳細へ
アカヤジオウ/歯周病/グレープフルーツ  
2013.3月 No.114 2013.3月 No109詳細へ
牡丹(ぼたん)/肩コリ/玉ねぎ  
線
2012.1月 No.113 2013.1月 No113詳細へ
オウレン/ノロウイルスによる胃腸炎/かぶ  
線
2012.11月 No.112 2012.5月 No109詳細へ
クチナシ(梔子)/ふえています糖尿病性腎症/鱈  
線
2012.9月 No.111 2012.5月 No109詳細へ
エビスグサ(生薬名:ケツメイシ)/冷え性/枝豆  
線
2012.7月 No.110 2012.5月 No109詳細へ
オニユリ/中性脂肪値だけが高いと言われたら/ズッキーニ  
線
2012.5月 No.109 2012.5月 No109詳細へ
カミツレ/「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」をご存知ですか?/パセリ  
線
2012.3月 No.108 2012.3月 No108詳細へ
コブシ/前立腺肥大/アサリ  
線
2012.1月 No.107 2012.1月 No107詳細へ
梅/インフルエンザ豆知識/ユリ根  
線
2011.11月 No.106 2011.11月 No106詳細へ
サフラン/お肌の保湿ケア/ぎんなん  
線
2011.9月 No.105 2011.9月 No105詳細へ
葛(クズ)/秋の花粉症/柿  
線
2011.7月 No.104 2011.7月 No104詳細へ
ウコン/あせも(汗疹)/とうもろこし  
線
2011.5月 No.103 2011.5月 No103詳細へ
ひなげし/不眠症/らっきょう  
線
2011.3月 No.102 2011.3月 No102詳細へ
木蓮/花粉症/ジャガイモ  
線
2011.1月 No.101 2011.1月 No101詳細へ
蝋梅/便秘/タコ  
線
2010.11月 No.100 2010.11月 No100詳細へ
ツワブキ/糖尿病/ラー油  
線
2010.9月 No.99 2010.9月 No98詳細へ
ドクダミ/糖尿病/イワシ  
線
2010.7月 No.98 2010.7月 No98詳細へ
ジギタリス/喫煙/モロヘイヤ  
線
2010.5月 No.97 2010.5月 No97詳細へ
クレソン/脱水/スナップエンドウ  
線
2010.3月 No.96 2010.3月 No96詳細へ
たけのこ/逆流性食道炎/アスパラガス  
線
2010.1月 No.95 2010.1月 No95詳細へ
クワイ/肩こり/ユズ  
線
2009.12月 No.94 2010.12月 No94詳細へ
リンゴ/高血圧/大根  
線
2009.9月 No.93 2009.9月 No93詳細へ
ザクロ/肺炎/くるみ  
線
2009.7月 No.92 2009.7月 No92詳細へ
ゲンノショウコ/痛風/プラム  
線
2009.5月 No.91 2009.5月 No91詳細へ
ソラマメ/酸素/豆乳  
2009.3月 No.90 2008.11月 No89詳細へ
ハハコグサ(キク科)/めまい/春キャベツ  
2008.11月 No.89 2008.11月 No89詳細へ
沈丁花(ジンチョウゲ)/噛むことでいきいき生活/ゴボウ  
2008.11月 No.88 2008.11月 No88詳細へ
サザンカ(ツバキ科)/感染性胃腸炎(ノロウイルス)/リンゴ  
2008.9月 No.87 2008.9月 No87詳細へ
桔梗(キキョウ) / 骨粗鬆症 / ピーマン  
2008.7月 No.86 2008.7月 No86詳細へ
トマト(ナス科) / 中耳炎 / シシトウガラシ  
2008.5月 No.85 2008.5月 No85詳細へ
こごみ / メタボリックシンドローム / アボガド  
2008.3月 No.84 2008.3月 No84詳細へ
イチゴ(バラ科) / 排尿のトラブル / 雑穀  
2008.1月 No.83 2008.1月 No83詳細へ
シクラメン / 鉄欠乏性貧血 / ホウレンソウ  
2007.11月 No.82 2007.11月 No.82詳細へ
クルミ(クルミ科) / じんま疹(蕁麻疹) / やまいも  
2007.9月 No.81 2007.9月 No81詳細へ
イチジク / 突発性難聴 / みょうが  
 
(c) Pharma Plan Co.,LTD. All Rights Reserved.