有限会社 ファルマ・プラン
ぷらんたん薬局 〒960-8141 福島県福島市渡利字沼ノ町45 
TEL 024-523-1628 / FAX 024-523-1629 
E-mail : farumapuran@purantan.net 
printemps pharmacy
くらしとくすり 最新号
わたり店
ささや店
くらしとくすり
取扱商品情報
インフォメーション
投書箱
実習案内
採用情報
会社情報
リンク
トップページ
個人情報の取扱い
サイトマップ
TOP > くらしとくすり(2015 5月 No127)
 
表紙

お茶の畑
 日本茶は、茶葉を蒸すことで酵素の働きをおさえ、全く発酵させないので、美しい緑色に仕上がります。

 



 現在繁用されている漢方薬は、種々の生薬を特定の組み合わせで調合して、煎じた液を顆粒状あるいは細粒にしたエキス製剤です。エキス剤は、品質が安定であり、簡便という利点があります。

<「漢方薬は、長く飲まないと効き目がでない?」>
 漢方薬によって効き目の現れ方が違います。速効性のある漢方薬(五苓散、芍薬甘草湯など)で体質や症状にあっていれば飲んで10〜30分で効果が現れます。一般的な漢方薬は、飲みはじめて1〜2週間で、特に長く飲み続けるタイプの漢方薬でも2〜4週間で効果が現れます。1ヶ月ほど飲んでも効果が実感できないときは、かかりつけの先生に相談してください。  

<「漢方薬は、副作用がない?」>
 漢方薬は、自然の生薬から作られるため安全だというイメージがありますが、薬効はあるのに副作用はないという都合のいい物質はありません。漢方薬にも副作用はあります。漢方薬を飲みはじめてから胃部不快感・下痢・咳・むくみ・動悸などの変化を感じたらすぐに相談してください。 

<「漢方薬は、いつ飲む?」>
 通常、食間(食事のあと2時間ほど経過した空腹時)または食前(食事のおよそ30分前まで)にぬるま湯で飲むことが望ましいとされています。体内への吸収が食材と似ているので、食事の影響を受けやすいためです。また、決められた量を一定期間飲み続けることが大切です。度々飲み忘れるようであれば、食後でも効果が全く失われるわけではないので、食後に飲んでください。詳しくは、薬剤師にご相談ください。 

<「飲み方を工夫してみる」>
 口が渇いていると顆粒が口腔内に貼り付いたようになってしまうことがあります。飲む前に水やお湯で口を潤すだけでも飲みやすくなります。それでも口の中に顆粒が残ってしまう時は、200ml程度の湯に溶いて飲んでください。 においや苦味を感じるのも効果のうちですが、どうしても飲みにくい時は、オブラートに包むか、ココアなどの味のしっかりした飲み物に混ぜると飲みやすくなります。服薬補助ゼリーや市販のゼリーを利用しても飲みやすくなります。

 日本人はいつから納豆を食べ始めたのでしょうか?これはいまだに歴史の謎です。納豆の発祥には諸説もありますが、煮豆とワラの出会いがきっかけだと考えられています。納豆を作るのに欠かせない煮豆菌は空気中や枯れ草、ワラなど、身近なところにたくさんいます。納豆菌には暖かく湿ったところを好む性質があります。
 納豆菌を煮豆にかけて人肌くらいに温めると、納豆菌はどんどん増え、ネバネバや香りの素となる成分を作り出し、煮豆が納豆に変わるのです。その時に、アミノ酸など旨み成分や、ビタミンK2といった煮豆にはない栄養も作り出します。納豆の表面は白色の膜で覆われています。この膜の中に納豆菌がたくさんいるのです。微生物の力を借りて人の役に立つものを作ることを発酵といいます。酒、食酢、しょうゆ、みそ、ヨーグルトなども発酵食品の仲間です。
 納豆は薬と相性が悪い場合があるので注意が必要です。血栓症などに使うワーファリンを服用中の方は、薬の作用が弱くなってしまいますので納豆を食べないようにして下さい。納豆自体が血栓を作るわけではありません。むしろ、納豆に含まれるナットウキナーゼという酵素は、血栓を溶かす作用を持ちます。血栓ができやすい時間帯は、睡眠後6〜8時間とされており、夕食に納豆を食べると良いと言われています。
 余談ですが、福島県民は納豆消費金額でトップ争いをしています。納豆といえば『水戸』が有名ですが、福島県民の納豆好きは負けていないそうですよ。
 
▲TOP
2015.3月 No.126
アブラナ/ジェネリック医薬品/人参  
2015.1月 No.125
ナンテン(南天)/安心して薬をのむために/ぶり  
2014.11月 No.124
菊花/ドライアイについて/黒糖  
2014.9月 No.123
ナツメ/タバコの害と禁煙方法/イチジク  
2014.7月 No.122
クコ/その痛みは、もしかして「帯状疱疹」?/西瓜(スイカ)  
2014.5月 No.121
ハトムギ/日焼け止めクリームについて/山椒(サンショウ)  
2014.3月 No.120
よもぎ/アルコール飲料を科学する/いちご  
2014.1月 No.119
ヤマノイモ/和食を見直そう/レンコン  
2013.11月 No.118
アロエ/糖尿病の検査/ヤーコン  
2013.9月 No.117
ウイキョウ/むくみ/さんま  
2013.7月 No.116 2013.7月 No116詳細へ
アサガオ/リビングウィル宣言/なす  
2013.5月 No.115 2013.5月 No115詳細へ
アカヤジオウ/歯周病/グレープフルーツ  
2013.3月 No.114 2013.3月 No109詳細へ
牡丹(ぼたん)/肩コリ/玉ねぎ  
線
2012.1月 No.113 2013.1月 No113詳細へ
オウレン/ノロウイルスによる胃腸炎/かぶ  
線
2012.11月 No.112 2012.5月 No109詳細へ
クチナシ(梔子)/ふえています糖尿病性腎症/鱈  
線
2012.9月 No.111 2012.5月 No109詳細へ
エビスグサ(生薬名:ケツメイシ)/冷え性/枝豆  
線
2012.7月 No.110 2012.5月 No109詳細へ
オニユリ/中性脂肪値だけが高いと言われたら/ズッキーニ  
線
2012.5月 No.109 2012.5月 No109詳細へ
カミツレ/「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」をご存知ですか?/パセリ  
線
2012.3月 No.108 2012.3月 No108詳細へ
コブシ/前立腺肥大/アサリ  
線
2012.1月 No.107 2012.1月 No107詳細へ
梅/インフルエンザ豆知識/ユリ根  
線
2011.11月 No.106 2011.11月 No106詳細へ
サフラン/お肌の保湿ケア/ぎんなん  
線
2011.9月 No.105 2011.9月 No105詳細へ
葛(クズ)/秋の花粉症/柿  
線
2011.7月 No.104 2011.7月 No104詳細へ
ウコン/あせも(汗疹)/とうもろこし  
線
2011.5月 No.103 2011.5月 No103詳細へ
ひなげし/不眠症/らっきょう  
線
2011.3月 No.102 2011.3月 No102詳細へ
木蓮/花粉症/ジャガイモ  
線
2011.1月 No.101 2011.1月 No101詳細へ
蝋梅/便秘/タコ  
線
2010.11月 No.100 2010.11月 No100詳細へ
ツワブキ/糖尿病/ラー油  
線
2010.9月 No.99 2010.9月 No98詳細へ
ドクダミ/糖尿病/イワシ  
線
2010.7月 No.98 2010.7月 No98詳細へ
ジギタリス/喫煙/モロヘイヤ  
線
2010.5月 No.97 2010.5月 No97詳細へ
クレソン/脱水/スナップエンドウ  
線
2010.3月 No.96 2010.3月 No96詳細へ
たけのこ/逆流性食道炎/アスパラガス  
線
2010.1月 No.95 2010.1月 No95詳細へ
クワイ/肩こり/ユズ  
線
2009.12月 No.94 2010.12月 No94詳細へ
リンゴ/高血圧/大根  
線
2009.9月 No.93 2009.9月 No93詳細へ
ザクロ/肺炎/くるみ  
線
2009.7月 No.92 2009.7月 No92詳細へ
ゲンノショウコ/痛風/プラム  
線
2009.5月 No.91 2009.5月 No91詳細へ
ソラマメ/酸素/豆乳  
2009.3月 No.90 2008.11月 No89詳細へ
ハハコグサ(キク科)/めまい/春キャベツ  
2008.11月 No.89 2008.11月 No89詳細へ
沈丁花(ジンチョウゲ)/噛むことでいきいき生活/ゴボウ  
2008.11月 No.88 2008.11月 No88詳細へ
サザンカ(ツバキ科)/感染性胃腸炎(ノロウイルス)/リンゴ  
2008.9月 No.87 2008.9月 No87詳細へ
桔梗(キキョウ) / 骨粗鬆症 / ピーマン  
2008.7月 No.86 2008.7月 No86詳細へ
トマト(ナス科) / 中耳炎 / シシトウガラシ  
2008.5月 No.85 2008.5月 No85詳細へ
こごみ / メタボリックシンドローム / アボガド  
2008.3月 No.84 2008.3月 No84詳細へ
イチゴ(バラ科) / 排尿のトラブル / 雑穀  
2008.1月 No.83 2008.1月 No83詳細へ
シクラメン / 鉄欠乏性貧血 / ホウレンソウ  
2007.11月 No.82 2007.11月 No.82詳細へ
クルミ(クルミ科) / じんま疹(蕁麻疹) / やまいも  
2007.9月 No.81 2007.9月 No81詳細へ
イチジク / 突発性難聴 / みょうが  
 
(c) Pharma Plan Co.,LTD. All Rights Reserved.