有限会社 ファルマ・プラン
ぷらんたん薬局 〒960-8141 福島県福島市渡利字沼ノ町45 
TEL 024-523-1628 / FAX 024-523-1629 
E-mail : farumapuran@purantan.net 
printemps pharmacy
くらしとくすり 最新号
わたり店
ささや店
くらしとくすり
取扱商品情報
インフォメーション
投書箱
実習案内
採用情報
会社情報
リンク
トップページ
個人情報の取扱い
サイトマップ
TOP > くらしとくすり(2015年11月 No130)
 
表紙

カリン
 咳や痰など、のどの炎症に効果がある。砂糖漬や果実酒に加工される。

 

目薬のじょうずなつけ方

 「(この前処方がでたばかりなのに)もう使ってなくなった。」「点眼瓶の中に浮遊物があり、つまって液がでない。」「まぶたが黒ずんだり、まつ毛が濃くなってきた。」「1回に何滴も点眼し、あふれた液で目尻や周りの皮膚が荒れてしまった。」など、目薬の使い方に関し日常的に気になることがあります。上手な点眼のしかたを考えてみましょう。

点眼の手順

1.手洗いをして、清潔に。清潔な場所で。
⇒畑や田んぼや道路など戸外での作業中やほこりの多い場所での点眼は注意。

2.座って、または、横になって、顔は上向きにする。
⇒点眼液が頬をつたって落ちないように十分上を向く。

3.下眼瞼(下まぶた)を引き、点眼瓶の先が、涙やまつ毛や皮膚にふれないようにして点眼する。
⇒瓶を眼につけて点眼すると、力を抜くときに涙を瓶の中に引き込んでしまうことがあります。瓶の中が細菌などで汚染されてしまうので十分注意しましょう。1回1滴で十分です。滴数をふやしても、眼から溢れてしまいます。

4.まばたきをせずに、1〜5分、涙嚢部(眼がしら部分)を抑えながら眼を閉じておく。
⇒点眼液はまばたきをすると涙液と混ざりあい、一部は眼の外にでてしまい、一部は涙点から涙小管、涙嚢、鼻涙管を通って鼻腔に出て咽頭部へと流れていきます。(味を感じるのはこのためです。)鼻腔への流れをせき止め、眼内に十分吸収させるため、これを実行しましょう。

5. 溢れた液はふきとる。
眼瞼の皮膚は、他の皮膚と比べて薄いため、過敏症をおこしやすいので、やさしくふきとりましょう。緑内障治療のプロスタグランジン関連の目薬は入浴前に点眼し、お風呂で洗顔時、眼の周りもよく洗うようにすると、色素沈着を防げるようです。

豆知識

●点眼液は1本何滴ですか
点眼液の容量は、通常5ml。1mlは20滴に相当すると考えられるので、1滴は約50μl(0.05ml)。5mlの点眼液は約100滴分です。正確に1回1滴1日4回両眼にさす場合、1本で約12日分の量です。

●眼軟膏は1回にどのくらい使えばいいですか
チューブから眼軟膏を押し出すときの長さは1回分1cmで約45mg。点眼液1滴(50μl)重量は50mgであり、点眼液と眼軟膏とも1回量はほぼ同じになります。

台所は薬の宝庫 アズキ(小豆)

 原産地は中国。古事記に記載があり、縄文遺跡から出土し、古代から栽培されていたと考えられています。
 アズキは、タンパク質を多く含み、栄養価が高く、ビタミンB1や亜鉛などのビタミンや微量元素を多く含みます。赤い皮には、アントシアニンが含まれています。
 漢方では、「赤小豆」(せきしょうず)と呼ばれ、利尿作用があるため、むくみの改善を目的として、薬膳料理に使われます。
 主に煮て食べますが、有効成分が汁に溶け出すため、汁も一緒に飲みます。最初の煮汁に有効成分が多く含まれるので、茹でこぼしはせず、アクのみ取るようにします。最初の煮汁を捨ててしまう、お汁粉やあんこは、薬効が期待できないので注意して下さい。
 また、もち米類は、水分代謝を抑制するので、むくみの改善を目的とするときは、赤飯は効果が期待できません。
 
▲TOP
2015.9月 No.129
アケビ/糖質と上手に付き合おう/干ししいたけ  
2015.7月 No.128
キキョウ(桔梗)/こわい歯周病/きゅうり  
2015.5月 No.127
お茶の畑/漢方薬/納豆  
2015.3月 No.126
アブラナ/ジェネリック医薬品/人参  
2015.1月 No.125
ナンテン(南天)/安心して薬をのむために/ぶり  
2014.11月 No.124
菊花/ドライアイについて/黒糖  
2014.9月 No.123
ナツメ/タバコの害と禁煙方法/イチジク  
2014.7月 No.122
クコ/その痛みは、もしかして「帯状疱疹」?/西瓜(スイカ)  
2014.5月 No.121
ハトムギ/日焼け止めクリームについて/山椒(サンショウ)  
2014.3月 No.120
よもぎ/アルコール飲料を科学する/いちご  
2014.1月 No.119
ヤマノイモ/和食を見直そう/レンコン  
2013.11月 No.118
アロエ/糖尿病の検査/ヤーコン  
2013.9月 No.117
ウイキョウ/むくみ/さんま  
2013.7月 No.116 2013.7月 No116詳細へ
アサガオ/リビングウィル宣言/なす  
2013.5月 No.115 2013.5月 No115詳細へ
アカヤジオウ/歯周病/グレープフルーツ  
2013.3月 No.114 2013.3月 No109詳細へ
牡丹(ぼたん)/肩コリ/玉ねぎ  
線
2012.1月 No.113 2013.1月 No113詳細へ
オウレン/ノロウイルスによる胃腸炎/かぶ  
線
2012.11月 No.112 2012.5月 No109詳細へ
クチナシ(梔子)/ふえています糖尿病性腎症/鱈  
線
2012.9月 No.111 2012.5月 No109詳細へ
エビスグサ(生薬名:ケツメイシ)/冷え性/枝豆  
線
2012.7月 No.110 2012.5月 No109詳細へ
オニユリ/中性脂肪値だけが高いと言われたら/ズッキーニ  
線
2012.5月 No.109 2012.5月 No109詳細へ
カミツレ/「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」をご存知ですか?/パセリ  
線
2012.3月 No.108 2012.3月 No108詳細へ
コブシ/前立腺肥大/アサリ  
線
2012.1月 No.107 2012.1月 No107詳細へ
梅/インフルエンザ豆知識/ユリ根  
線
2011.11月 No.106 2011.11月 No106詳細へ
サフラン/お肌の保湿ケア/ぎんなん  
線
2011.9月 No.105 2011.9月 No105詳細へ
葛(クズ)/秋の花粉症/柿  
線
2011.7月 No.104 2011.7月 No104詳細へ
ウコン/あせも(汗疹)/とうもろこし  
線
2011.5月 No.103 2011.5月 No103詳細へ
ひなげし/不眠症/らっきょう  
線
2011.3月 No.102 2011.3月 No102詳細へ
木蓮/花粉症/ジャガイモ  
線
2011.1月 No.101 2011.1月 No101詳細へ
蝋梅/便秘/タコ  
線
2010.11月 No.100 2010.11月 No100詳細へ
ツワブキ/糖尿病/ラー油  
線
2010.9月 No.99 2010.9月 No98詳細へ
ドクダミ/糖尿病/イワシ  
線
2010.7月 No.98 2010.7月 No98詳細へ
ジギタリス/喫煙/モロヘイヤ  
線
2010.5月 No.97 2010.5月 No97詳細へ
クレソン/脱水/スナップエンドウ  
線
2010.3月 No.96 2010.3月 No96詳細へ
たけのこ/逆流性食道炎/アスパラガス  
線
2010.1月 No.95 2010.1月 No95詳細へ
クワイ/肩こり/ユズ  
線
2009.12月 No.94 2010.12月 No94詳細へ
リンゴ/高血圧/大根  
線
2009.9月 No.93 2009.9月 No93詳細へ
ザクロ/肺炎/くるみ  
線
2009.7月 No.92 2009.7月 No92詳細へ
ゲンノショウコ/痛風/プラム  
線
2009.5月 No.91 2009.5月 No91詳細へ
ソラマメ/酸素/豆乳  
2009.3月 No.90 2008.11月 No89詳細へ
ハハコグサ(キク科)/めまい/春キャベツ  
2008.11月 No.89 2008.11月 No89詳細へ
沈丁花(ジンチョウゲ)/噛むことでいきいき生活/ゴボウ  
2008.11月 No.88 2008.11月 No88詳細へ
サザンカ(ツバキ科)/感染性胃腸炎(ノロウイルス)/リンゴ  
2008.9月 No.87 2008.9月 No87詳細へ
桔梗(キキョウ) / 骨粗鬆症 / ピーマン  
2008.7月 No.86 2008.7月 No86詳細へ
トマト(ナス科) / 中耳炎 / シシトウガラシ  
2008.5月 No.85 2008.5月 No85詳細へ
こごみ / メタボリックシンドローム / アボガド  
2008.3月 No.84 2008.3月 No84詳細へ
イチゴ(バラ科) / 排尿のトラブル / 雑穀  
2008.1月 No.83 2008.1月 No83詳細へ
シクラメン / 鉄欠乏性貧血 / ホウレンソウ  
2007.11月 No.82 2007.11月 No.82詳細へ
クルミ(クルミ科) / じんま疹(蕁麻疹) / やまいも  
2007.9月 No.81 2007.9月 No81詳細へ
イチジク / 突発性難聴 / みょうが  
 
(c) Pharma Plan Co.,LTD. All Rights Reserved.