有限会社 ファルマ・プラン
ぷらんたん薬局 〒960-8141 福島県福島市渡利字沼ノ町45 
TEL 024-523-1628 / FAX 024-523-1629 
E-mail : m-otuka@purantan.net 
printemps pharmacy
くらしとくすり 最新号
わたり店
ささや店
くらしとくすり
取扱商品情報
インフォメーション
投書箱
実習案内
採用情報
会社情報
リンク
トップページ
個人情報の取扱い
サイトマップ
TOP > くらしとくすり(2021年11月 No164)
2021.11月 No.164
 
表紙

ツワブキ(キク科ツワブキ属)
ツワブキ(キク科ツワブキ属)
根茎は太く、葉は円状腎臓形で厚く、上面は深緑をしている。花期は10〜12月で、黄色の頭花を散房状につける。
葉には強い抗菌作用があり、根茎は、健胃、下痢、食中毒の解毒に使用する。

 

目が乾く、目がゴロゴロする、目が疲れるなどの症状はありませんか。それはドライアイの症状かもしれません。ドライアイそのものは失明に繋がることはありませんが生活の質を長期にわたって損なってしまうことがありますので、不快感をコントロールすることが重要です。現代のドライアイの大半は涙を眼の表面に留めておく力が弱まる事で起こるといわれています。

〇悪化させる要因〇
〈3つのコン〉
1.パソコン・テレビ・スマホ等の画面を長時間見続ける
2.エアコン等の送風を直接受けるような環境
3.コンタクトレンズの使用
その他、ストレスによる涙の分泌の低下や膠原病などの自己免疫疾患・一部の抗不安薬や抗精神病薬、抗ヒスタミン薬の服用が原因と考えられています。

〇ドライアイチェックシート〇
ドライアイチェックシート 5つ以上ならドライアイの可能性があります。眼科医に相談しましょう。

〇対策と治療〇
○眼をしっかりと休養させるため十分な睡眠をとる。
○エアコン等で部屋が乾燥しすぎないよう加湿器などを使用する。
○意識的に瞬きをする。
○眼を温める。(涙の中に油分の分泌が良くなり涙の蒸発を抑えられる。)
○人工涙液、ヒアルロン酸製剤の他、眼の中から水分等を分泌させる点眼薬の使用。

〇ドライアイにおすすめの食材〇
・抗酸化作用のあるビタミンA・C・E
・代謝をよくするビタミンB群
・亜鉛を含む緑黄色野菜や肉類
・青魚の油に豊富なDHA・EPA
・鮭の色素のアスタキサンチンなど

〇簡単マッサージ方法〇
中指と薬指を合わせた指先で、眼球を囲む骨の縁に沿って一周滑らせます。しっかりと目の周りのコリをほぐして血行を良くすることで、ドライアイや眼精疲労の改善が期待できます。ホットタオル(40〜45℃)で10分くらい目を温めてからマッサージすると効果的です。また、首や肩周りの血行を良くすることでもドライアイの改善が期待できます。
(出典 クラシエホームページ)

台所は薬の宝庫

かぼちゃは、収穫時期と旬がずれている少し珍しい野菜です。旬というのは自然のなかで育った食べ物がもっとも美味しく、栄養価が高い時期を指します。そのため、かぼちゃの旬は収穫してすぐの夏ではなく秋から冬とされています。冬至の日にかぼちゃを食べる風習がありますが、これは栄養価の高いかぼちゃを食べることで免疫力を高め、風邪を予防するとされているからです。
日本で栽培されているかぼちゃは、「西洋かぼちゃ」「日本かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」の3種類あり、一般的に多く流通しているのは「黒皮栗かぼちゃ」という西洋かぼちゃで、ホクホクとした食感で甘味が強く栄養価が高いことが特徴です。
【栄  養】
ビタミンA・C・Eと呼ばれる抗酸化作用の強いビタミンが豊富に含まれ、免疫力アップを助けてくれるだけでなく、老化を防いでくれる働きもあります。油と一緒に摂ると吸収がよくなります。また、カリウムを多く含むため、体内の余分な塩分を排出することから高血圧予防やむくみの解消に期待ができます。
【選び方】
皮にツヤとハリがあり、固くて重みがあるもの、また、軸の切り口がしっかり乾燥していて、軸の周りが凹んでいるもの。カット済みのものは、種がぎっしりと詰まってぷっくりしており、果肉の色が鮮やかなものを選ぶとよいでしょう。
【保存方法】
丸ごと1個なら日が当たらない風通しのいい冷暗所に、カット済のものなら、種とワタを取り除いてラップで包み、冷蔵庫で保存しましょう。ワタを取ったかぼちゃをスライスしたり、ひと口サイズにカットしたものをゆでて、ラップをして保存袋に入れてから冷凍すると、1ヶ月ほどは保存可能です。

 
▲TOP
2021.9月 No.163
女郎花(オミナエシ)/頭痛体操/なめこ  
2021.7月 No.162
どくだみ(ドクダミ科ドクダミ属の多年草)/コツコツ、骨を元気に生き生き生活/ブルーベリー  
2021.5月 No.161
フジ(マメ科フジ属つる性落葉木本)/”健口”体操で健康を維持しよう/絹さや  
2021.3月 No.160
表紙:たんぽぽ(キク科タンポポ属) /血糖値改善ポイント /ワカメ  
2021.1月 No.159
ヤブツバキ(ツバキ科)生薬名:山茶(さんちゃ)/高血圧と生活習慣/山芋  
2020.11月 No.158
ビワ(バラ科ビワ属)/冷えは万病のもと 〜冷え対策で寒い冬を乗り切ろう!〜/山芋  
2020.9月 No.157
キンモクセイ(モクセイ科)生薬名:モクセイ(木犀/認知症〜周りの方の接し方〜/豚肉  
2020.7月 No.156
ヒマワリ(キク科ヒマワリ属)生薬名:日向葵子(ひゅうがあおいし)/便秘解消方法〜快便生活〜/おから  
2020.5月 No.155
クレマチス(キンポウゲ科センニンソウ属)/排尿トラブル〜骨盤底筋体操でセルフケア〜/もち麦  
2020.3月 No.154
ヤマザクラ(バラ科サクラ属)/新発見!!ビタミンDの効用/キャベツ  
2020.1月 No.153
センリョウ(センリョウ科)/歯と歯ぐきのケアで健康的な体づくり/白菜  
2019.11月 No.152
山査子(バラ科サンザシ属)/舌を鍛えて生き生き生活/カリン  
2019.9月 No.151
ソウジュツ(蒼朮)(キク科)/睡眠アドバイス/ブナシメジ  
2019.7月 No.150
クチナシ(アカネ科クチナシ属)/こむら返り/トマト  
2019.5月 No.149
ネズミモチ(モクセイ科) /血糖値スパイク(隠れ高血糖)に気をつけよう!!/アスパラガス  
2019.3月 No.148
延胡索(エンゴサク)ケシ科 /紫外線から肌や体を守ろう!/ブロッコリースプラウト  
2019.1月 No.147
フクジュソウ(キンポウゲ科フクジュソウ属) /皮膚乾燥/ネギ/  
2018.11月 No.146
茶葉(ツバキ科ツバキ属チャノキの若葉) /いい塩梅で健康長寿!!/切り干し大根  
2018.9月 No.145
ワレモコウ(バラ科) 生薬名 地楡(チユ)/今、注目の栄養素「フィトケミカル」とは?/里芋  
2018.7月 No.144
オニノヤガラ(ラン科オニノヤガラ属)/今話題の「エクオール」って何?/大豆  
2018.5月 No.143
ハナスゲ(ユリ科ハナスゲ属)/今からでも遅くない!筋力アップ!/小松菜  
2018.3月 No.142
カタクリ(ユリ科カタクリ属)/おなかから健康に(腸内フローラ)/ひじき  
2018.1月 No.141
ジャノヒゲ(蛇の鬚)/超悪玉コレステロール(レムナントコレステロール)を知ろう!/蓮根  
2017.11月 No.140
ウンシュウミカン/安心して薬を飲むために/シソ  
2017.7月 No.139
葛/熱中症に注意/シソ  
2017.5月 No.138
スイカヅラ/骨粗鬆症を防ごう/レタス  
2017.3月 No.137
アミガサユリ/朝食を毎日食べて脳出血のリスクをさげよう/さやえんどう  
2017.1月 No.136
アカマツ/冬場のお風呂の安全な入り方/まめもやし  
2016.11月 No.135
イノコヅチ・牛膝(ごしつ)/高齢者の不眠の悩み/さつまいも  
2016.9月 No.134
イネ/くすりと食べ物Q&A/セロリ  
2016.5月 No.133
カラスビシャク/健康食品について/ニラ  
2016.3月 No.132
コブシ/花粉症を予防する/ふき(蕗)  
2016.1月 No.131
クマザサ/運動をして 健康寿命をのばそう/昆布  
2015.11月 No.130
カリン/目薬のじょうずなつけ方/小豆  
2015.9月 No.129
アケビ/糖質と上手に付き合おう/干ししいたけ  
2015.7月 No.128
キキョウ(桔梗)/こわい歯周病/きゅうり  
2015.5月 No.127
お茶の畑/漢方薬/納豆  
2015.3月 No.126
アブラナ/ジェネリック医薬品/人参  
2015.1月 No.125
ナンテン(南天)/安心して薬をのむために/ぶり  
2014.11月 No.124
菊花/ドライアイについて/黒糖  
2014.9月 No.123
ナツメ/タバコの害と禁煙方法/イチジク  
2014.7月 No.122
クコ/その痛みは、もしかして「帯状疱疹」?/西瓜(スイカ)  
2014.5月 No.121
ハトムギ/日焼け止めクリームについて/山椒(サンショウ)  
2014.3月 No.120
よもぎ/アルコール飲料を科学する/いちご  
2014.1月 No.119
ヤマノイモ/和食を見直そう/レンコン  
2013.11月 No.118
アロエ/糖尿病の検査/ヤーコン  
2013.9月 No.117
ウイキョウ/むくみ/さんま  
2013.7月 No.116 2013.7月 No116詳細へ
アサガオ/リビングウィル宣言/なす  
2013.5月 No.115 2013.5月 No115詳細へ
アカヤジオウ/歯周病/グレープフルーツ  
2013.3月 No.114 2013.3月 No109詳細へ
牡丹(ぼたん)/肩コリ/玉ねぎ  
線
2012.1月 No.113 2013.1月 No113詳細へ
オウレン/ノロウイルスによる胃腸炎/かぶ  
線
2012.11月 No.112 2012.5月 No109詳細へ
クチナシ(梔子)/ふえています糖尿病性腎症/鱈  
線
2012.9月 No.111 2012.5月 No109詳細へ
エビスグサ(生薬名:ケツメイシ)/冷え性/枝豆  
線
2012.7月 No.110 2012.5月 No109詳細へ
オニユリ/中性脂肪値だけが高いと言われたら/ズッキーニ  
線
2012.5月 No.109 2012.5月 No109詳細へ
カミツレ/「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」をご存知ですか?/パセリ  
線
2012.3月 No.108 2012.3月 No108詳細へ
コブシ/前立腺肥大/アサリ  
線
2012.1月 No.107 2012.1月 No107詳細へ
梅/インフルエンザ豆知識/ユリ根  
線
2011.11月 No.106 2011.11月 No106詳細へ
サフラン/お肌の保湿ケア/ぎんなん  
線
2011.9月 No.105 2011.9月 No105詳細へ
葛(クズ)/秋の花粉症/柿  
線
2011.7月 No.104 2011.7月 No104詳細へ
ウコン/あせも(汗疹)/とうもろこし  
線
2011.5月 No.103 2011.5月 No103詳細へ
ひなげし/不眠症/らっきょう  
線
2011.3月 No.102 2011.3月 No102詳細へ
木蓮/花粉症/ジャガイモ  
線
2011.1月 No.101 2011.1月 No101詳細へ
蝋梅/便秘/タコ  
線
2010.11月 No.100 2010.11月 No100詳細へ
ツワブキ/糖尿病/ラー油  
線
2010.9月 No.99 2010.9月 No98詳細へ
ドクダミ/糖尿病/イワシ  
線
2010.7月 No.98 2010.7月 No98詳細へ
ジギタリス/喫煙/モロヘイヤ  
線
2010.5月 No.97 2010.5月 No97詳細へ
クレソン/脱水/スナップエンドウ  
線
2010.3月 No.96 2010.3月 No96詳細へ
たけのこ/逆流性食道炎/アスパラガス  
線
2010.1月 No.95 2010.1月 No95詳細へ
クワイ/肩こり/ユズ  
線
2009.12月 No.94 2010.12月 No94詳細へ
リンゴ/高血圧/大根  
線
2009.9月 No.93 2009.9月 No93詳細へ
ザクロ/肺炎/くるみ  
線
2009.7月 No.92 2009.7月 No92詳細へ
ゲンノショウコ/痛風/プラム  
線
2009.5月 No.91 2009.5月 No91詳細へ
ソラマメ/酸素/豆乳  
2009.3月 No.90 2008.11月 No89詳細へ
ハハコグサ(キク科)/めまい/春キャベツ  
2008.11月 No.89 2008.11月 No89詳細へ
沈丁花(ジンチョウゲ)/噛むことでいきいき生活/ゴボウ  
2008.11月 No.88 2008.11月 No88詳細へ
サザンカ(ツバキ科)/感染性胃腸炎(ノロウイルス)/リンゴ  
2008.9月 No.87 2008.9月 No87詳細へ
桔梗(キキョウ) / 骨粗鬆症 / ピーマン  
2008.7月 No.86 2008.7月 No86詳細へ
トマト(ナス科) / 中耳炎 / シシトウガラシ  
2008.5月 No.85 2008.5月 No85詳細へ
こごみ / メタボリックシンドローム / アボガド  
2008.3月 No.84 2008.3月 No84詳細へ
イチゴ(バラ科) / 排尿のトラブル / 雑穀  
2008.1月 No.83 2008.1月 No83詳細へ
シクラメン / 鉄欠乏性貧血 / ホウレンソウ  
2007.11月 No.82 2007.11月 No.82詳細へ
クルミ(クルミ科) / じんま疹(蕁麻疹) / やまいも  
2007.9月 No.81 2007.9月 No81詳細へ
イチジク / 突発性難聴 / みょうが  
 
(c) Pharma Plan Co.,LTD. All Rights Reserved.